menu

虚脱感から見えたこと

ブログ2020.08.26

外のものをいっぱい

自分の中につめこめば、

自分自身はなくなるのです。

         宮城顗

今朝の目覚めはやばかった。

疲れがドッと出た。

昨夜は
本当に久しぶりに
エアコンを切って寝ることができた。

一昨日も寝る前にエアコンを一度切ったっが
建物が蓄えた熱はそう甘くなく
あっという間に室温は30度を超え
やむなくエアコンをつけて寝た。

昨夜は
寝る前に寝室以外の部屋も
エアコン無しで過ごせるくらいになっており
寝室だけ、寝る寸前までエアコンを入れて
湿度も含めて、少しでも寝付きがいいように準備し
エアコンを切って眠りに落ちた。

エアコンを切って寝るとこんなにも身体が楽なのか
毎年思うことだ、夏の終りに。
そしてホントの夏バテとの戦いが始まる。

気を抜いたら
すぐにでもバテバテになりそうだ。

そして
昨日は2日にいっぺんの水風呂の日、それも年に数回あるかないかの贅沢風呂の日でもあった。
それも災いしたというか、良かったというか。
よくぞ今朝も起き上がって公園に写真を撮りに行けたと思う。

贅沢風呂というのは
夏場のわたしのルーティンの中での特別バージョン。
その夏場のルーティンから説明しよう。
これで、一番きつい時期を乗り切ろうと考えた
自分の中では生涯最高の思いつきと言ってもいい自己満足。

え?いらない?せつめいいらない?
そんなこと言わないの。
聞いて!

灼熱にさらされ
体の芯まで熱を保ってしまう昨今の日本の夏。

まず
水(ぬるま湯かよ!ていいたくなるような)でざっと汗やらなんやらを流す。
そして水風呂(30度くらいあんだろ?水じゃねぇよもう)にドボン!
20分くらいボーとしてる。
いくらぬるくても、体温よりかは確実に低いので
芯の熱も取れてくる。
少しお湯が恋しい気分になったところで
湯船の栓を抜き、水をすべて排出。
ちゃちゃっと湯船を洗って、
いよいよ、体と頭を本格的に洗う。
この時も、シャワーは水。
そして、その間に湯船にはお湯を張る。

体と頭を洗い終える頃
ちょうどいい具合に湯が張られている。

ずっと、水に浸かって、水を浴びてだったので
気にならない程度に、どうも実は身体は冷えてしまっている。
そこで湯船に浸かると
ドッと力が抜けていくのが感じられる。

身体が冷えていたのを感じながら
10分ほど湯に浸かってから上がる。

よく眠れる、その晩は。

なぜ2日にいっぺん、一日置きかというと、
湯船にためた湯は捨てずに放置し
次回の水風呂として使うのだ!
他人様からしたら汚かろうが
そのあと身体洗うし関係ない。
で、翌日だと、まだ水温というか湯温というか
ともかくぬるすぎて気持ち悪いのだ。
ゆえに2日置く。
料理のようだな。
一晩おいただけじゃ浸かりが甘いから二晩おきましょう。
て感じだ。

ゆえに翌日はシャワーのみ。

そして昨日は特別バージョンをやった!
贅沢風呂だ!

風呂を前日の風呂上がり前に
排水溝も含めて
なんか知らないけどちゃんと洗い出してしまい
結局、汗かきまくったもんだから
も一度シャワーを浴びるという愚行をし
当然その際、溜めておいた湯船の水も抜いてある。

しかし
昨日は楽しみにしていた水風呂の日!
プールに行ける小学生の気分だ!

そこで
きれいに磨かれた湯船に
前日の残り湯ではなく
水道の蛇口をひねってまっさらな水を投入。

水が綺麗で眩しいぜ!

あとはいつもどおりだが
湯船に一回の入浴で2回水(湯)を張るなんて!

そして
最後、湯に浸かりながら
「今年もこの入浴方はそろそろ終わりだな」
と少し晩夏を感じる。

水が確実に水になってきている。

あと何回、これができるのだろう、この夏は・・・。

って感じで黄昏れてみる。

で、よく眠れて、こんなんだよ、今朝は!
という感じだった。

虚脱感と眠さとだるさ。
嫌じゃない感じの。
これが続くと動けなくなるな、と思いながら這うように布団から抜け出る。

ボーとしながら支度する。
公園へ向かう。

なにも眼に飛び込んでこない、入ってこない。

大丈夫か?
駄目か?
大丈夫にするしか無いでしょ。

ともかくシャッターを切ろう、何でもいいから。
スイッチを入れよう、脳に。

こころなしかカルガモたちが昨日も今日も元気だな。

やっぱ。こいつらもあの暑さでまいっていたんだな。
そんなこと考えてニンマリする。

若干曇りがちだった空も晴れてくる。

太陽の光がまだ肌を突き刺すようだ。

良いや。
欲かく必要はない。

いい写真が撮れるか撮れないかは
オレみたく趣味にもなっていないレベルの人間は
素直に状況に任せりゃ。

自衛隊の貨物ヘリが飛んでる、パシャ。

クロアゲハがまとわりつくように周りを飛ぶ、パシャ。

百日紅の花が「南洋か!」と突っ込みたくなるような顔で咲いてる、パシャ。

気がつくと元気😅

そうだよなぁ。
仕事にしろ、生活にしろ、
こんな感じで過ごせばいいんだけど
そうはいかないよな。

外のものを欲しがるんじゃなくて
外からくるものをただ受け止める

そんな生き方が理想ではあるのだろうけど
やっぱり
この娑婆で人間として生きていく以上は
外のものを欲しがらないと生きていけないのが現実。
進めないのが現実。
欲しがって欲しがってしても手に入らず悩み苦しむのが現実。
なにが欲しいのかすらも分からなく
なにを求めていけばいいのかすらも分からなくなってきているのがこの国の現状。

詰め込む自分すらわからない、
どこに詰め込むのかが、
何を詰め込むのかが。

どうするよ。

矛盾。

だからこそ
たまには余裕ぶっこいて
やせ我慢の余裕ぶって
外から来たものをただボ〜と受け入れるような時間が必要なんだと思う。

そんな余裕がない今こそ
だからこそ
そんな意味のない時間を大事にしたい。

考えすぎずに考え抜いて。
悩みを背負い込みすぎずに悩み抜いて。
無駄に時間を掛けながら意味なく時間を大事に過ごす。

頑張らないで頑張ろっと。

副住職(江口智流)の【 note 】

ご相談

ブログ」最近の記事

2020.10.23

祥月

2020.10.16

空過

2020.10.09

温故知新